British antique dealers association
International federation of dealer associations

私についての追加情報については、私のを見てください LinkedInページ。

マックス・ラザストンは、30年近く日本の芸術作品を専門としています。 彼のキャリアはサザビーズで始まり、ヨーロッパとロシアの写真で働き、その後、現代イギリスの写真のディーラーとして5年間の呪文を唱えました。 1990年に東京を訪れた後、彼はダマシンの改宗を経験し、1992年にサザビーズに再び加わり、日本部門で働きました。 ほぼ専ら日本語の勉強に専念した1年後、彼は芸術について学ぶことに専念し、サザビーズでさらに10年間働き、やがて部長になりました。 2002年、彼はロンドンで最も古いアジアのアートギャラリーであるSydney L. Moss Ltd.に移り、ギャラリーの管理と日本側のビジネスの運営を手伝いました。 マックスは2010年に退職し、2013年にロンドンのセントジェームズのバリーストリートに根付、印籠、その他の日本の芸術作品を中心に独立した事業を設立しました。

彼が選んだ分野でのマックスの目利きは広く尊敬されています。 彼は国内外で講義を行い、多くの学術論文を書いています。 根付のカタログ と他の日本の芸術作品。 2010年と2013年にはロンドン根付シンポジウムの開催に共同で参加し、2014年には大英博物館の出版物の準備に土屋典子を支援するよう招待されました。 根付:日本からの100のミニチュア傑作。 マックスは当初からロンドンのアジアンアートのディレクターであり、2010年から2014年まで会長を務めていました。

 世界の多言語市民であるマックスは、彼のビジネスを追求するために広範囲に旅行し、株を調達し、国際的な顧客に販売してきました。 彼は東京を定期的に訪れており、日本人デザイナーの妻が自分のファッションハウスを経営しています。 近年、彼はノルウェーオリエンタルセラミックソサエティに根付に関する講演を行い、第44回モスクワアートフェアでロシア語で講演を行っています。 2019年7月、彼はサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館の講堂で同じことをしました。 マックスはTEFAFマーストリヒトに出展し、パリのパルクールデモンドにも数年連続で出展しています。 彼はMasterpieceLondonの日本の審査委員会の委員長であり、2018年10月にロンドンの名門に初めて出展しました。 フリーズマスターズ フェア。 現在、ビジネスはロンドン西部のイーリング郊外にあり、ロンドン中心部から簡単にアクセスでき、ヒースロー空港に近い便利な場所にあります。

英国の欧州連合からの残念な撤退を見越して、私たちは将来の欧州との国境の両側で事業を円滑に継続するための措置を講じています。 私たちが選んだパートナーは、アムステルダムのZebregs&RöellFineArt andAntiquesです。 私たちの選択の背後にある考え方は、最初に私たちが友達であり、彼らを信頼していること、2番目に私たちが彼らの折衷的なKunstkammerを楽しんでいること、そして3番目に彼らがアムステルダムの中心部の運河のそばの街角に良い場所にあるギャラリーを持っていることです。 根付の在庫の約1/3は、検査と取り扱いに利用できます。これは、おそらくヨーロッパ大陸で簡単にアクセスできる根付の最大の在庫の1つです。 ご覧ください 彼らのウェブサイト またはで .